ダイビングライセンスを取得するならレーブ渋谷店

FAQ

よくあるご質問

FREQUENTLY ASKED QUESTIONS.

QUESTION AND ANSWER

スキューバダイビングに興味のあるお客さまや、ダイビングのライセンス取得をご検討中のお客さまから、多く寄せられるご質問にお答えしています。他にもご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • ABOUT SCUBA DIVING

    スキューバダイビングについて

    ダイビングショップはどのように選んだらよいですか?

    スキューバダイビングを始めよう!と思った方が、まずやることが「ダイビングショップ探し」。ライセンスの取得費用、インストラクターの経験値、講習する海など、ショップによって特長が異なりますので、事前にホームページなどでしっかりとご確認を。
    レーブでは、一人ひとりの疑問や質問に丁寧にお答えする無料説明会を随時受け付けております(予約制)。また、多くの方から当店が選ばれる理由を知りたい方は、こちらのページをご覧ください。

    「Cカード」って、どういうもの?

    Cカードとは「Certification Card」の略。講習を受けた指導団体から発行される認定証で、一般的にはダイビングライセンスと称されます。海の中へダイブするためのいわばパスポートのようなもの。ダイビングに必要な知識と技術を習得した証となり、一度の取得で一生使うことができる点も魅力です。
    海の中は楽しさと同時に危険もたくさん潜んでいるので、講習をしっかりと受講して、ダイビングスキルをきちんと身につけましょう。

    海に潜る時、ダイビングライセンスは絶対に必要ですか?

    ダイビングライセンスである“Cカード”を取得しなくても、体験ダイビングには参加できますが、潜れる場所や水中での自由度は制限されてしまいます。体験ダイビングで潜れる範囲以上で潜りたい場合は、ダイビングライセンスの取得は必須。必要な知識を学び、スキルを身につけることで、ライセンスが取得でき、体験ダイビングでは潜れない海の魅力を体感することが叶います。

    ダイビングのライセンスを取得した後は?

    レーブがお客さまにお届けしたいのは、“Cカード”というダイビングライセンスではなく、ライセンスを取得した後にグッと広がる海の世界です。「Cカードは取れたけど、これからどうやってダイビングを楽しめばいい?」「取得してから全然潜れてない…」そういったことにならないように、レーブでは、ライセンスの取得後から参加できる国内外のファンダイビングツアーをたくさんご用意しています。時には、お客さまのご希望に合わせて個別にプランニングすることも。潜りたい海、出会いたい風景、生物たち、様々な楽しみ方を実現するためにレーブが親身に寄り添います。
    また、中級者・上級者向けと言われる、特別な海に潜りたい方は、継続してダイビングライセンスのレベルアップ(スキルアップ)を目指すことも可能です。

    ダイビングライセンスの有効期限を教えてください。

    有効期限は特になく、一度取得すれば継続的にスキューバダイビングをお楽しみいただけます。ただし、ダイビングライセンスの取得後、しばらく海から離れていた方、ブランクのある方はリフレッシュダイビング(復習ダイビング)への参加をおすすめしています。

    レーブ渋谷店で取得したダイビングライセンスで、海外の海に潜れますか?

    もちろん可能です。ダイビングライセンス(認定証)である「Cカード」を発行している指導団体は無数にあるため、中には海外でのダイビングが認められないものもありますが、レーブがお渡しするダイビングライセンス(Cカード)は「国際ダイビングライセンス」なので、国内はもちろん海外の海でも安心してお使いいただけます。

    「ダイビング指導団体」って何ですか?

    安全にスキューバダイビングを楽しむためにルールやカリキュラムを設定し、教科書などを作成している団体です。ダイビングライセンス(Cカード)はこの指導団体が発行しており、各ダイビングショップでのレッスンも団体からの指導をもとに行われています。指導団体はいくつかありますが、それほど大きな違いはないので指導団体は気にせず、自分に合ったダイビングショップを選びましょう。

    スキューバダイビングを始めたいのですが費用面が心配です。

    スキューバダイビングは、ダイビングライセンス(Cカード)を取得するための「講習費」の他、ダイビング器材を揃えるための「器材費」、ライセンス取得後にダイビングを楽しむためのファンダイビングへの「参加費」などが必要となります。
    器材などをすべて揃える場合は、始めに大きな費用が必要となりますので、これからご自身がどんなペースで、何を目的にダイビングを楽しむのかを事前にしっかりイメージしましょう。1回だけのダイビングなら器材はレンタルできますし、長く続けられる場合は一度揃えてしまえば、継続して掛かる費用はそれほど高額ではありません。レーブでは、費用面の内訳も丁寧に説明いたします。

    ダイビングの器材は揃えなければダメ?

    すべてを最初から揃える必要はありません。ダイビング器材は、主に「軽器材」「重器材」「スーツ」と分かれており、それぞれの器材をレンタルすることが可能です。ただレンタルは、お客さまによってサイズが合わない場合もありますので、より安全にダイビングしていただくために、ご自身に合った器材のご購入をおすすめしております。

    ダイビング器材
    「軽器材」とはどんなものですか?

    マスク、スノーケルなど、比較的軽量な器材を指します。

    マスク 水中世界をはっきり見るための水中メガネ。鼻まで覆うので、ダイビング中に鼻から水が入ってくるのを防ぎます。
    スノーケル 顔を水につけたまま呼吸するための道具。水面を泳ぐ時、スノーケリングをする時に必要です。
    フィン 推進力を得られる物で、装着すると素足で泳ぐより早く、魚のようにすいすい泳ぐことができます。
    グローブ 陸上で使う手袋と同じように、手を保温し、海中の危険から手を守るために着用します。
    ブーツ グローブと同様に足の保温、保護のために身につけます。中にはブーツがないと装着できないフィンも。
    メッシュバッグ 器材を入れるダイバーの必需品。メッシュ素材なので、濡れたものもそのまま収納できます。
    「重器材」とはどんなものですか?

    BCD、レギュレーターなど、重さがあり重要度の高い器材です。

    BCD ライフジャケットのような形をしており、空気を出し入れすることで水中でもラクに浮いたり沈んだりできます。
    レギュレーター タンク内の圧縮空気を調整して人間まで届けてくれます。水中で呼吸をするための道具です。
    オクトパス レギュレーターに不具合が出た時に使用する、予備の呼吸源。空気がなくなった仲間を助ける場合も。
    コンソールゲージ 残りの空気の量や方角など、水中の細かい情報を教えてくれる道具です。
    ダイブコンピューター 水深や潜水時間、水温など、潜っているダイバーのデータをリアルタイムで表示します。
    タンク 水中のダイバーに不可欠な器材で、中には酸素ではなく圧縮された空気が入っています。
    「ダイビングスーツ」とはどのようなものですか?

    主に2種類があり、気候や用途に合わせて使い分けます。

    ウエットスーツ 暖かい季節に使用し、体の保護、保温のために着用します。
    ドライスーツ 高い保温性と気密性を誇るスーツで、特に寒い季節に使用します。
    取り扱っている器材のメーカーについて教えてください。

    TUSA / SAS / DACOR / Cressi Sub / SunFan / SUUNTO / SCUBA PRO / GULL / mares / AQUA LUNGなど。当店では、幅広いダイビング器材を取り扱っています。

    水中で空気がなくなるんじゃ…と不安です。

    ダイビング中に急に空気がなくなる、呼吸ができなくなることはまずありませんのでご安心ください。タンク(ボンベ)の中の空気量は、残圧計という器材に表示され、水中でも常にチェックできますし、もしも器材が壊れてしまっても、スキューバダイビングには「必ず2人以上で潜水する」というルールがあるので,一緒に潜っているダイバーから予備の呼吸源を分けてもらえます。

    「1回」のダイビングで、何分くらい潜りますか?。

    何を目的にダイビングをするかで、潜る深さも違いますし、気候にも左右されますが、おおよそ1回30~60分が目安です。

    ライセンスを取得すると、どれくらい深く潜れますか?

    スキューバダイビングのライセンスには種類があり、初級ライセンスなら18mまで、中級ライセンスなら30mまで、と潜れる深さが異なります。浅い水深で体を慣らした方は、徐々にライセンスのステップアップ(レベルアップ)を目指されることが多いです。
    一般的に、ある程度深く潜った方が、水も美しく、出会う魚の数と種類も多いと言われています。そのため、幻想的な風景を見たいダイバーは、自然とステップアップを希望されます。

    冬の海でもダイビングできますか?

    「寒い」「冷たい」とイメージされがちですが、冬でもダイビングをすることは可能です。冬の海中は一年で最も澄み渡り、このシーズンでしかお目に掛かれない風景や生物も盛りだくさん。
    もちろん全く寒くないわけではありませんが、水が入らない冬用のスーツを着用するので、海中温度は予想以上に高い場合も。それよりも、ダイビングを終えて海からあがった時の方が寒く、一緒に潜ったダイバーたちと「寒い寒い!」と言い合いながら、温かいシャワーを浴びるのもこの時期ならでは。海とも、人とも、冬のダイビングだけの特別な出会いにあふれています。

    泳げないので、海に潜るのが不安です…。

    ご安心ください!「水が苦手です」「泳げません」と言われたお客さまでも、スキューバダイビングを楽しまれている方は多くいらっしゃいます。中には、「泳ぎ」というより「息継ぎ」が苦手な方もいらっしゃいますが、ダイビングはスノーケルやレギュレーターと呼ばれる道具を使って簡単に呼吸ができるので、息継ぎは不要です。
    また、「水」や「海」に対して苦手意識がある方でも、経験豊富なインストラクターがお客さまのペースに合わせてゆっくり丁寧にレクチャーさせていただきます。

    ダイビングには、年齢の制限ってありますか?

    レーブ渋谷店では安全性を考慮し、18歳以上の健康な方を対象とさせていただいております。未成年者のお申し込みには、親権者の同意署名が必要になります。また、60歳以上の方は医師の診断書をご提出ください。

    体力に自信がなくても潜れますか?

    スキューバダイビングは、体力や運動能力を競うスポーツではないので、体力に自信のない女性やシニアの方でも安心してお楽しみいただけます。ダイビングの器材は種類がたくさんあり、中には重いものもあるので、始めは少し大変かもしれませんが、回数を重ねるうちに扱いにも慣れてくるでしょう。また、水の中では無重力状態になるので、器材の重さは一切感じません。

    健康面に不安があってもダイビングはできますか?

    ダイビングができない病気もありますが、中には気をつけていれば問題ない場合も。お申し込みの際、健康状態をチェックし、必要であれば医師にご相談いただきます。ダイビングができるという医師の許可があれば、ご参加いただけます。

    視力が悪いので、コンタクトレンズをつけてダイビングしたいです。

    コンタクトレンズを装着したままダイビングをすると、マスク(水中メガネ)に水が入った時に流れてしまったり、目を傷つけたり、感染症を引き起こしたりと、安全性が欠けるためおすすめしておりません。度の入ったマスクをレンタルしていただくことも可能ですが、スキューバダイビングを思い切り楽しむのなら、ぜひご自身に合ったマスクを早い段階でご用意ください。

    耳抜きが苦手です。

    体験ダイビングや素潜りに参加されて、上手く「耳抜き」ができなかったという方でも大丈夫です。まずは学科講習でレクチャーを受けて、プール実習で実践練習をしましょう。正しい方法とコツがあるので、繰り返し練習すれば必ずできるようになりますよ。

  • ABOUT SERVICE

    当店のサービスについて

    一人で参加したいのですが大丈夫ですか?

    お客さまの中には、お一人で参加されている方がたくさんいらっしゃいます。特に女性のお客さまに多く、レーブに通うことで新しい友人ができた、という方も。最初は一人だと不安に思うかもしれませんが、レーブに集まるのは「スキューバダイビングが大好き!」という方たちばかり。経験豊富な男性&女性スタッフも常駐していますので、お気軽にお問い合わせください。

    休みが平日のみですがレッスンに参加できますか?

    お客さまのご都合やペースに合わせて、無料説明会やレッスンのスケジュールを組みますので、問題ございません。

    50歳以上ですが大丈夫でしょうか?

    ご安心ください。当店では、50歳以上の方に向けたプランもご用意しております。詳細はぜひお問い合わせください。

    レッスンの受講生は何人ですか?

    一人ひとりのペースに合わせてレッスンするため、マンツーマンのプライベートレッスンが基本です。リリーズナブルにダイビングライセンスを取得できるコースも、安全面を考慮して少人数制で行っています。

    ダイビングライセンス(Cカード)の取得費用を教えてください。

    通常ですと¥64,580(税込)となり、キャンペーンを開催している場合は、その時々で金額が異なります。また、キャンペーン期間中でも、ご宿泊される際には、宿泊代や食事代などが別途必要となりますので、ご了承ください。

    学科講習に掛かる時間はどれくらいですか?

    計6時間です。仕事帰りや学校帰りに受講できるように、通常は「2時間×3回」という形で開講されており、回数は変更できます。
    その内容は、海中での注意点やスキューバダイビングで使用する器材類の説明など。より安全に楽しくダイビングをするための内容で構成されています。

    レッスンを受ければ、絶対にダイビングライセンスを取得できるのでしょうか。

    もちろんです。学科講習は理解できるまで何度でも無料で受講できますし、海洋実習は有料となりますが希望に合わせて何度でも丁寧に行います。スキューバダイビングのライセンスを必ず取得できるように、全力でサポートさせていただきます。

    海洋実習を沖縄の海で行ってほしいです。

    もちろん可能です。例えば、学科講習は当店で、プール実習は近隣のプールで行い、海洋実習のみ場所を沖縄(3泊4日)に移すようにプランニングさせていただきます。憧れのリゾート地でダイバーデビューするのも素敵ですね。

    インストラクターになって、リゾート地で働きたいです。

    当店には、全国でも数少ない「コースディレクター」と呼ばれる、インストラクターとして最高ランクの資格保持者が在籍しており、インストラクターを志望するお客さまの夢を全力でサポートさせていただきます。また、ご希望の方には就職先として、各地のリゾートショップをご紹介しますので、お気軽にお問い合わせください。

    ライセンスを取得してから随分ブランクがあります…。

    しばらくダイビングから離れていた方が、またダイビングに参加できるように、当店ではダイビング専用プールと海洋実習で、知識とスキルをしっかり再確認いたします。インストラクターのサポートもありますので、ご安心ください。ダイビングの感覚を取り戻したら、当店のお客さまと一緒にまた楽しくダイビングに出発しましょう!

    初心者なので、ダイビング器材をレンタルしたいのですが。

    器材のレンタルも受け付けておりますので、初めての方でも気軽にスキューバダイビングをお楽しみいただけます。

    購入したダイビング器材を預かってもらえますか?

    ダイビング器材のお預かりサービスもご用意しています。ご自宅に器材を置くスペースがない時は、当店の倉庫をぜひご利用ください。ダイビング器材のメンテナンスはもちろん、オーバーホールのアナウンスまで、当店スタッフがしっかりと管理いたします。

    数年使っていない器材があります。メンテナンス依頼は受け付けていますか?

    器材の状態によって費用は異なりますが、約1~2万円から受け付けています。メンテナンス期間は2週間ほど。ご依頼内容と混雑状況によっては多少前後いたします。

    まだダイビングライセンスを取得していませんが、ファンダイビングに参加したいです。

    ファンダイビングの中には、ダイビングライセンスであるCカードが必要ないものもあります。「ダイビングに興味があるけど迷っている」と言った方にもおすすめですので、お気軽にお問い合わせください。

    ファンダイビングの行き先を自分で指定できますか?

    急なご希望の場合は対応が難しいかもしれませんが、事前にリクエストをいただけましたら、お客さまのご要望に合わせて行き先を指定できます。普段から「行ってみたい!」「やってみたい!」と言った声に、最大限の力でお応えするのが当店のスタイルですので、ご希望があればお気軽にスタッフまでお声掛けください。

    別のダイビングショップで取得したライセンスで、レーブのファンダイビングに参加できますか?

    もちろんできます。ただし、所有するダイビングライセンスのランク、潜水経験、ブランクの有無によっては、専用プールでのチェックダイブをお願いする場合もあります。

    海外でのファンダイビングツアーは開催されますか?

    2~3ヶ月に1度、開催されています。当店の運営会社は、「格安航空券ナビ(Azul Trip)」という旅行会社も運営しておりますので、リーズナブルな価格のツアーを豊富にご用意しています。旅のプロがダイバー目線で企画したファンダイビングツアーは満足度の高いものばかり。ぜひご参加ください。

    ファンダイビングツアーの手配だけ依頼して、友達だけで行ってもよいですか?

    「ツアーの手配のみ」というご依頼も受け付けています。当店のファンダイビングツアーは、運営会社を同じくする旅行会社「格安航空券ナビ(Azul Trip)」のものなので、ご要望に合わせたツアーを手間なくスムーズに手配できます。当店のお客さまには、特別なディスカウント価格でご案内させていただきます。

CAMPAIGN

毎月10名様限定「ライセンス取得キャンペーン」

SPECIAL OFFER

¥19,800

残り

3

名様