レーブ渋谷

NEWS

ダイビングニュース

TOPICS THAT IS IMPORTANT TO YOU.

NEWS "BLOG"

DEEP講習の巻

夏も終わろうとしている。。

夏と秋はあっという間に過ぎ去っていくイメージ。

いや、40年間そう感じているのであれば確かなコトであろう。

小説風に入ってみました…レーブのハナダです🙌

 

今回のテーマは、【ディープ=深い】

スキューバダイビングにはいろんな潜り方があります✨

その中で人気でもあるディープダイビングが出来るライセンス★

海の中での遊びは慣れてくると水深を増していきたい欲が強くなる💨

今回はそんなディープダイビングについてご紹介していきましょう!

ディープダイビングについて知ろう!!

冒頭でも紹介したようにディープ=深いという事。

深場

一般的には-18メートルから-40メートルの領域をディープダイビングと言われます。

ランクによって潜れる深さは様々ですが、

-30メートルまで潜れるダイバーをスポーツダイバー。

-40メートルまで潜れるダイバーはディープダイバーと言われますよ★

ディープダイビングをするためにはどの資格が必要なのか?!

基本的にディープダイビングというのは深場のダイビングである為に、

エントリーレベルのダイバーランクでは潜る事が出来ません。

そのエントリーレベルのダイバーというのは、

オーシャンダイバーやオープンウォーターと呼ばれるランクです。

では、どのようなランクが必要なのか。

それはズバリ!

スポーツダイバーやディープダイバーと呼ばれるランクです!

スポーツダイバーとは…

スポーツダイバーとは-30メートルの潜水が可能になり昼夜潜れるライセンス。

いろんな可能性が広がり楽しさは倍増✨

ナイトダイビングやレックダイビング、ケーブダイビングなどエントリーレベルの

オーシャンダイバーとは潜れる場所が全く異なります!

ディープダイバーとは…

ディープダイバーとはまさにディープの中のディープ。

最深部の-40メートルまで潜る事が可能になるランクです。

ここまでくるとさらに潜れる場所が広がります★

沈船内部

スポーツダイバーでは潜れないような場所にも行けるようになる為、

新しい生き物との出会いや、海の秘境にも行けたりします✨

ディープダイビングの魅力について

海の中はただでさえダイバーしか立ち入れない場所。

その中の深場となるとさらに特別な空間が広がります★

そこには独特な生態系や、浅い場所では見れない景色など魅力は様々です。

特に沈没船や、洞窟、長い年月をかけて成長したサンゴなど、

時が止まっているかのような空間はディープだからこその景色です。

サンゴ

潜った方にしかわからない幻想的な世界がそこにはあるわけです!

ディープの危険性、リスクなど

ディープは魅力がたくさんある反面、リスクも伴います。

今回は簡単にリスクをまとめてみます!

➀エアの消費

深場は浅場に比べて圧力の影響を大きく受けます

それに伴い、活動出来る時間が制限されるためにこまめに残圧をチェックする必要があります!

➁呼吸抵抗が強くなる

これも圧力の兼ね合いですが、深場は呼吸抵抗が強くなります。

最近では呼吸抵抗の変動が少ないレギュレーターもあるので

例外もありますが、一応リスクとして挙げておきます。

※呼吸が出来ないわけではありません!

➂窒素が溜まりやすくなる

ダイバーの方は何度か聞いたことがあるかもしれませんが、潜水病の主な原因は窒素です。

この窒素は圧縮された空気で呼吸を繰り返すと体に蓄積されます。

深い場所に行くダイバーはダイブコンピュータという器材で必ず管理します。

当たり前のように管理出来る事が重要になってきますよ!

実際の講習風景!!

深場ではこまめにエアチェック!!

いつもの潜水よりも入念にエアのチェック。

海の中で自由に泳ぐ

スタッフが確認する時だけではなく、

自分で管理する事を心掛けましょう!!

いつもよりもゆったり潜る意識も大事!

深場は窒素が吸収されやすいのと、エアの消耗も激しい!

となるとゆっくり活動することはマストになってきます👍

中性浮力

NDL(無減圧潜水)のチェックを!!

潜水病にかからない為にもエアの管理だけではなく、

NDLもしっかりチェック☆

いつもより安全管理の項目が増えますよ😎

中性浮力

減圧停止もしっかりと!!

ダイバーは念のために浅場で窒素を抜く時間を取ります。

減圧停止

その時間は窒素が蓄積されてる量にも変動するのでエアと同じように

自己管理が必要です!

浮上スピードもジワジワと時間をかけて!!

体に窒素が溜まっているダイバーは急に浮上する事はタブー💦

毎分9mが理想とされているのでこれもダイブコンピュータで管理👍

ダイブコンピュータ

まとめ

ディープダイビングは魅力的な反面、リスクも伴います。

ですが、しっかりリスクも理解して管理をすることが出来れば

これほど魅力的な世界はありません😎

いくらエアの消耗が激しい深場とはいえ、その瞬間その場で

景色を目の当たりにするのはディープダイビングをする方のみです👍

せっかく潜るならそういったディープな世界へいきましょう('◇')ゞ

DEEP認定おめでとうーーーー🎉

これから潜りに行く場所も違えば、観れる景色やサカナも変わってくるので

愉しみにしててくださいね~♬

CAMPAIGN

毎月10名様限定「ライセンス取得キャンペーン」

SPECIAL OFFER

¥34,750

残り

2

名様