レーブ渋谷

NEWS

ニュース

TOPICS THAT IS IMPORTANT TO YOU.

NEWS "BLOG"

ダイビングはウエイトを正しく付けれてこそ上手く潜れる!!

ダイビングでは、欠かすコトのできないウエイト‼

自分にはどのぐらいの重さをつければ

いいのか未だに分からないという方も

いらっしゃるのではないでしょうか!!

 

そこで自分に合った目安のウエイトの数を

知ることでダイビングがより面白くなるので

見ないと損損!!

 

タンクの違いをしっかりと確認して!


ウエイトの話なのにタンクなんか関係ないじゃんと

思う方もいると思いますが実は関係があるんです!!

タンクには、アルミタンクスチールタンク

あるんですがアルミタンクは空気を使っていくと

後半のダイビングになるにつれてだんだんと

タンクが軽くなってしまうんです😱

なのでスチールタンクと同じウエイトの数で

潜ってしまうと海の中で慌ててしまうため

しっかりと確認が必要になります!

 

基本的にはスチールタンクからアルミタンク

変更する場合はプラス2㎏を増やさないと

行けないのです💦

タンクの違いを見極める時は・・・

首なしはアルミタンク・首ありはスチールタンク

で覚えてみてください(^^♪

 

ウエイトは腰につけるだけじゃない!


ダイビングをしているとウエイトを腰につける

イメージがあると思いますが、腰にずっと重い

ウエイトとつけていると女の人の場合は

将来、子供を産む時に骨盤が開きづらくなるので

オススメはしないです(>_<)

 

そこでダイビングをより楽にしてくれるのが

ウエイトポケット♪

BCDに装着できるので重さをダイレクトに

腰に重さが行くことないので楽にダイビングを

することが出来ます!

そして、さらに楽にしてくれるのが

ウエイトベストになります(^^)/

腰につけるウエイトやBCDに装着する

ウエイトなどの重さが偏ると海の中でバランスを

崩してしまい上手く泳がない原因になってしまいます💦

 

ウエイトベストを着ることで重さを

分散することが出来るので安定したダイビングを

することが出来ます(*^^*)

 

適正ウエイトの見つけ方


自分に合ったウエイト数を見つけるのは

初めてのダイビングでは難しいですよね😱

だいたいの目安ですが・・・

自分の体重の10分の1と言われますが

それだと重いのでそこからマイナス1~2㎏が

目安と言われてます。

 

なので体重50㎏の場合は、

ドライスーツでアルミタンクの場合は6~8

スチールタンクの場合は4~6㎏に

なるのでこれからダイビングをして

自分に合ったウエイトを見つけたい方は

参考にしてみてください(*^^*)

 

ダイビングは回数を重ねれば上手くなって

行きますがウエイト1つで上手く潜れないことも

あるのでどのタンクで潜るかなども

しっかりとログブックに記入して

楽しいダイビングをしに行きましょう(^O^)/

CAMPAIGN

毎月10名様限定「ライセンス取得キャンペーン」

SPECIAL OFFER

¥29,800

残り

7

名様