レーブ渋谷

NEWS

ニュース

TOPICS THAT IS IMPORTANT TO YOU.

NEWS "BLOG"

ダイビングって雨が降ってもできるの??

どーも皆さんこんにちは(^^)/

ラブ味です★

 

今日はダイビングツアーを控えている方が気になっているであろう

”雨が降ってもダイビングってできるの👀???”
についてお答えしていきます☔👍

 

ダイビングのご経験がない方は雨が降ったらダイビングできないんじゃなかろうか👀?

と思う方も多いと思いますが結論から言うと、、、

雨が降っててもダイビングはできます👍👍👍

 

雨の日って旅行やデートでは行先を変更したりしなければいけなかったりで憂鬱ですが

ダイビングでは雨が降っても楽しめるっていうのが魅力のうちでもあります( ̄ー ̄)ニヤリ✨

 

ただ雨が降った場合は通常のダイビングとは違って、気を付けないといけないポイントがあるので要注意!!

 

★雨の日のダイビングで注意点、その1★

~海の中が暗くなってしまう💦

ダイビングする上でダイバーが気にするポイントの一つである【透明度】があります!

これは海の中でどのくらい視界が見えてるかをメートルで示しているのですが、雨の日はこの透明度が悪くなりがち💦

 

天気の良い日は光が入って明るい海も・・・

雨の日は太陽の光が入ってこない為、海の中が暗く見えてしまうんです🥺

暗いと生き物が見えなかったり探しづらかったりするんじゃないー??と思いですが

そういう時は”水中ライト”というアイテムがあれば色鮮やかに明るく見えるのでご安心( ̄ー ̄)ニヤリ

 

★雨の日のダイビングで注意点、その2★

~海の中が濁ってしまう💦

雨が降った翌日や翌々日は川から土砂など汚れた水が海に出ることによって透明度が悪くなるんです👀💦

ダイビングはチームで潜る分、暗くなったり水中が濁ったりすることで迷子になってしまう事も💦!!

 

ダイビングはスーツやマスク(ゴーグル)、フードなど被るので誰が誰だかわからなくなるんです🥺

その時自分のチームやバディを見分けるために身に着けているアイテムの色で誰かを判別してるので

潜る前はしっかり自分のバディやインストラクターの器材の色を覚えておいたり、自分の器材の色をアピールして

水中で迷子にならないようにしておきましょう👍

 

ただし水深-10m付近までの浅場は特に透明度に影響が出ますが、-10m以降の深い水深では雨が降っている事を忘れてしまうくらい

影響があまりないんです👀!!

 

なので、雨の日は浅場をサクッと通り過ぎて-10mより深場に移動しちゃうのが得策👍

 

★雨の日のダイビングで注意点、その3★

~寒く感じる🥶

太陽が隠れちゃうことによってダイビング後、濡れた体が冷えてしまったり、、、

雨が長く続くと、浅場は水温も下がっていくので薄手のスーツだと水中で寒く感じたりしちゃうほど💦

これも深場に移動してしまえば浅場ほど水温に影響が出なかったりします👍

 

また関東で潜る場合は、WETスーツは少し厚手がおすすめ👍

 

今回は★雨の日でのダイビングの注意点3つ★を紹介させていただきました♪

 

雨の日は暗くなったり、透明度が悪くなる事が予想されるので潜る前にしっかりアイテムの色を覚えて迷子になるのを防いだり

しっかり自分に合ったスーツを用意して寒さ対策を万全にしていって雨の日のダイビングいをエンジョイしちゃいましょ♪

 

また潜る間にインストラクターの話しをしっかり聞いて、万が一はぐれてしまった場合の対処法などをあらかじめ頭に入れておくのも重要!!

注意点だけしっかり頭に入れておけば、雨の日でも問題なく楽しめるダイビング★

 

特にダイビングスキルが上手になればなるほど濁ったりコンディションが悪い海でも楽しめるようになるので

レーブのツアーでスキルを磨いて、どんな海でもダイビングを楽しめるダイバーになりませんか♪??

 

ライセンスについて少しでも気になった方はぜひお気軽に説明会へお気軽にお越しください♪

CAMPAIGN

毎月10名様限定「ライセンス取得キャンペーン」

SPECIAL OFFER

¥29,800

残り

1

名様