レーブ渋谷

NEWS

ダイビングニュース

TOPICS THAT IS IMPORTANT TO YOU.

NEWS "BLOG"

ダイビングの春濁りシーズン🌸~注意点と楽しみ方をご紹介~

皆さんこんにちは♪

4月に入って肌寒かったり、暑かったり、、、

安定しない気温が続いておりますね🌸

最近なんだか花粉症が自然治癒した気がする、レーブのラブ味です(^^)/

 

さて、春が来て少しづつ海の中は暖かくなってきておりますよ~!

暖かくなってくれるのは嬉しい事なのですが、この時期ならではの【春濁り】が少しづつ関東の海やってきてます!

 

本日は寒い冬を終え、暖かい春のこの季節になるとやってくる

【春濁り】についてご紹介(`・ω・´)ゞ

 

★春濁りとは??★

春濁りとは文字通り、春になると海の中が濁ってしまう現象・・・💦

時期としては自然現象な分、確実な線引きをする事は出来ませんが大体3月下旬~4月中にかけて発生します🌸

 

どんな海になるかというと、、、こんな感じ↓

濁っている海中でのダイバーのツーショット

ぴぇ~💦

濁ってて全然ダイバーの顔が見えない・・・💦

 

さて、こちらは春濁りになる前の冬、同じ場所、同じカメラで撮った写真↓

女性ダイバーが水中で着底しながらWピースしている写真

ぜっっっんぜん違いますね・・・😳

ダイバーの表情はもちろん、7~8m離れてる後ろのダイバーも見えてます👀

 

この様に春になると海の中が濁って透明度が悪くなることを、【春濁り】と言います★

透明度でいうと1mなんて事もあるこの春濁りは、ダイバーにとって厄介ではありますが

実は敢えてこういう状況を楽しむダイバーも多いんですよ😉☝

 

さて、あなたも今日この記事を読んで春濁りでも楽しめるダイバーになっちゃいましょー♪

 

◆春濁りで海が濁る原因◆

さて、なぜ春は海の中が濁ってしまうんでしょう👀??

理由はいくつかあります!

 

◎春には植物性のプランクトンが大量発生🍃

これは冬の間に吹く”北風”が影響してて🌬

その北風によって太平洋側の海の表層は沖へと流れていき、その結果 栄養豊富な海水が表層へとやってきます✨

そこで春、気温が高くなることで水温が一気に上昇し【植物性プランクトン】が大量に繁殖するんですね~

 

この植物性プランクトンが透明度を落としてしまう1つの要因💦

ただこのプランクトンが繁殖する事で食物連鎖が成り立って、春濁りの後にはこんな生き物たちが見れるんですよね・・・✨

ワラサの群れ

春濁りはなくてはならないモノなんですねぇ🌸

 

◎春には海藻類が溶け出し、浮遊物が多く発生

これまた冬が関係してくるお話ですが、冬は海藻が水底によく繁殖するシーズン🍃

これは多くの海藻は低い水温を好むからと言われていて、冬は水温が低い海底でよく海藻が繁殖してるんです★

その海藻は水温が上昇する事で水中に溶け出し、春になると浮遊物となって濁る原因になってしまうんです💦

 

◆春濁り時の注意点◆

さて、透明度が悪くなるこの春濁り。

当然視界が悪くなることで注意点もあります☝

 

◎迷子

ひどい時は1m先も見えない。なんてこともある春濁りでは、インストラクターやバディ(相方)も見えなくなる時があります💦

そうなると迷子になってしまい自分がどこにいるのか分からない状態に・・・💦

これは実際海の中で起こるとパニックの原因にもなりますから、迷子にならない事が大事!

 

そこで活躍するのがライト🔦

※写真はナイトダイビングですが、ライトを使うとこんな感じ↓

ナイトダイビングの海中写真

緑っぽく濁っている海の中でもライトの光というのは見えるんです👀

そのライトの光をたどって落ち合えたりするので、事前にインストラクターからはぐれてしまった時の対処法を聞いて

ライトの光を探すなど対処法を身に着けておきましょう♪

 

◎浮力を保って砂を余計に巻き上げない

これは春濁りに限らず、常に意識してほしい事ではありますが・・・

ダイビング中に水底を這って砂をまき散らすのはマナー違反💦↓↓↓

海底を泳いで砂を巻き上げているダイバー

ただでさえ濁っている春濁り時に砂をまき散らすと、まったく見えなくなるので特に注意が必要💦

その為、常日頃から浮力のスキルを身に着けておくのは本当大事☝

これは、タンク内の空気消費にも繋がってくる事なのでいち早く中性浮力を身に付けましょー!

浮力を保ちながらダイビングしているダイバー複数人

 

◆春濁りでも海は楽しめる◆

ここまでの記事を読んでいると『透明度が悪い海に潜るなんて何も楽しくない!!』なんて思ってしまうかもですが

春濁りでも海の中は楽しめます( ̄ー ̄)ニヤリ

 

★マクロな生き物見るのに透明度関係ない

透明度が悪い春濁りの時期は大きい生き物景色を楽しむのではなく、マクロ(小さい生き物)を攻めるに限る!!

透明度1~3mなんて大きな回遊魚が群れていても残念ながら、探し出すのは困難。

景色なんてもってのほか・・・

闇雲に探せば上でお話ししたみたいに迷子になる事だって💦

 

という事で春濁りの時期はマクロ生物にフォーカスを当てて、海の中をじっくり楽しみましょー♪

 

◎海の宝石 ウミウシ

宝石と言われるくらいカラフルで色んな種類がいる【ウミウシ】ちゃん🌸

アオウミウシのマクロ写真

ベストポジションで写真に収められたらテンション爆上がり♡

 

◎および下手な【カエルアンコウ】くん🐸

クマドリカエルアンコウのマクロ写真

胸ビレで流されまいと必死にしがみついてるのが、かわゆい♡

運良くあくびシーンが撮れたらラッキー✨

イロカエルアンコウあくびシーン

 

◎ダイバーのアイドル【ダンゴウオ】ちゃん🍡

ダンゴウオのマクロ写真

この子は少し大きいゴマ粒くらいの大きさ👀!!めちゃくちゃ小さいんです✨

春になると出てくるこの子は、まさに春濁りのシーズンにじっくり探して楽しむのにピッタリ♪♪

 

◆まとめ◆

まさに今の時期から始まる春濁り🌸

水温が上昇する事で植物性プランクトンが大量発生し、海藻が溶け出すことで水中の透明度に影響が出てしまいます💦

 

そんな海では、迷子や浮力に注意しながら潜らなければなりませんが楽しむ事が出来るのも事実!

その為には自分のスキルを安定させて潜る事が大事♪

 

レーブでは春濁りが始まるこの季節もダイビングツアーをたくさん開催しております☝

不安な方は講習に参加しながらスキルを磨いて、今年の春はマクロを狙いにツアーに行きましょー♪

 

★ツアー情報はコチラから★

ミジンベニハゼが瓶に入って正面向いてる写真

CAMPAIGN

毎月10名様限定「ライセンス取得キャンペーン」

SPECIAL OFFER

¥29,800

残り

4

名様