レーブ渋谷

NEWS

ダイビングニュース

TOPICS THAT IS IMPORTANT TO YOU.

NEWS "BLOG"

冬のダイビングは防寒対策が大切!!

ダイビングのお仕事をしているとどの季節がダイバーにとって

人気なのかを知ることが出来ます!!

 

ダイビングのイメージでは夏が多いですがダイビングを始めた方は

冬の海に好んで潜りに来ます(^^)/

それは、夏に比べて冬になると・・・・

・プランクトンなどがいなくなる為、海がキレイになる✨

・海に海水浴をしに来る方が減る

・冬独特の季節風が吹き、海深くから澄んだ海水が上がってくる

 

潜るのであればより澄んでいる所に潜りたいですよね!(^^)!

そして生物などを撮るのにも冬の海はもってこい!

 

これからの冬に向けてどんな防寒をする事で快適に海の中を

過ごす事が出来るのかご紹介していきます( ..)φメモメモ

 

★防寒を行う事で海を満喫できるの?

人間は体温が35℃以下を下回ると低体温症になってしまいます💦

低体温になってしまうといつもは簡単に答えられていた事に対しても

考えが遅くなったりと判断能力が低下していきます。

そのため、冬場にあった防寒のアイテムを使うことで海の中を

満喫する事が出来ます!(^^)!

 

☆どんなアイテムがあるの?

 【フード

皆さんは、陸での生活時に帽子を被った事はありますか?

その時に帽子の中が蒸れていたりしていませんか?👒

それは頭のてっぺんから熱を発しているからです。

ダイビングは体全体を水で囲われているため熱を奪われるのは

頭そして体全体からになります。

フードを被ることで熱を奪われることを軽減する事が出来ます。

ダイビングフード

 【グローブ

グローブは保護と保温の両方で役に立ちます!

ダイビングで使うグローブは3シーズンタイプ(春夏秋)と冬用タイプに

分けられます。

季節に合わせないと指先が固まり動かしずらくなる事でトラブルに繋がりやすく

なってしまうため季節に合わせてグローブも変更しなければなれません(>_<)

 

最近は男性も女性も末端冷え性の方が増えてきているなと感じます!!

そんな冷え性の方にオススメ✨

このグローブの裏地にはオレンジ色の生地を使っておりこの生地は

ヒートテック素材で擦れる事で摩擦が生まれて暖かさが持続します!

手の暖かさを守る事で海の中でも自由に手を動かす事が出来ます!(^^)!

 【ドライスーツ専用インナー上下

冬になるとドライスーツというものを着ます!!

完全防水のスーツなので濡れるのは頭と手のみ。

水に触れる部分は少ないですが海の中にずっといると

寒く感じてきます(>_<)

冬場の水温は15~20℃ととても寒くなります🥶

寒さを感じたままダイビングをしても集中する事が出来なくなります。

そこでドライスーツ専用のインナーを着る事で快適に潜る事が出来ます♪

海洋実習

このインナーの裏には起毛の素材と表面は水を弾きやすい

素材で作られているのでこのインナーを着ていると

とても暖かいです!

★どんなスーツでも暖かいの?

今までスーツの中の防寒の事についてお話をさせてもらいましたが

スーツは中の生地だけでなく外の生地にも気をかける事で暖かさも増します!

 

ダイビングは海の中で過ごす時間よりも陸にいる時間の方が長いです!

その為、陸をどのように過ごす事が出来るかによっても変わってくるのです。

ドライスーツ着方

スーツの生地にはジャージ素材とゴム素材があります!!

ジャージ素材のスーツ全体で水を吸い込み排出する事がないので

スーツを着ている限り寒さを感じてしまうのです😖

ゴム素材のスーツは海から上がると余分な水を弾く為

寒さを感じにくく感じます。

バルブよりも下の生地が水を弾く生地になります。

人それぞれ手にするスーツは違いますが海の中を

快適にするには何よりも寒さとどう向き合うかになります!!

しっかりと防寒をしてダイビングをしていきましょう😝

 

そして、防寒をしっかりとする事でタンクの空気が持つ限り

こんな世界を目にする事が出来ます✨✨

洞くつからの光

サメの群れ

 

冬の海を知らないなんて勿体ない!!

ダイビングのイメージはまだまだ夏のイメージが強いですが

冬の海を知ればきっと海がもっと好きになるはず!😁

 

レーブでは随時ツアーを更新中🐋

冬の海に潜りにいきましょう🎶

~冬のダイビングツアー~

CAMPAIGN

毎月10名様限定「ライセンス取得キャンペーン」

SPECIAL OFFER

¥34,750

残り

9

名様