レーブ渋谷

NEWS

ダイビングニュース

TOPICS THAT IS IMPORTANT TO YOU.

NEWS "BLOG"

ダイビングスーツ★季節に合わせたスーツが大事!!

陸上の生活でも衣替えがあるように、実はダイビングにも衣替えがあるって知ってました👀??

シーズン毎に変えるダイビングスーツと選び方についてご紹介していきます(^^)/

 

皆さんこんにちは!レーブのらぶ味です!

ダイビングのご経験がない方は、ダイビングって夏だけの遊びの思っておられる方もいると思います!

ただ1年遊べるのがダイビング( ̄ー ̄)ニヤリ

でも真冬の海水は冷たいのに皆どうやって潜ってるのでしょう??

何故ダイビングスーツを着ないといけないのでしょう??

 

◆ダイビングスーツの必要性

まずはダイビングスーツがなぜ必要なのか??

たまに水着だけで潜ってる方もいらっしゃいますが、まずオススメしません!

サンゴやクラゲ、イソギンチャクやガヤなど毒を持ってる生物もいる海では、水着で潜ると肌が保護されていないので刺されます!!

 

また水中は陸上の25倍も熱伝導性が早くスグに体温が奪われてしまうんです💦

体温低下は思考回路の低下にもつながり、最悪事故にも繋がりかねない💦

快適に海の中を楽しむ為にはダイビングスーツは必需品!!!

 

◆スキューバーダイビングで着るスーツの種類

ではダイビングスーツにはどんな種類があるんでしょう👀??

ダイビングで着用するスーツの種類は大まかに2種類★

水温が暖かいシーズンはウェットスーツ水温が低くなってくるとドライスーツ!

では違いを見ていきましょう👀

 

【ウェットスーツとは】

ウェットスーツを持った男性

マリンスポーツで一番馴染みのあるスーツがこちら!

スーツ内に水が浸入するのでインナーには水着👙

スーツと肌の間に薄い水膜を作り、それを体温で温める事によって全身が人肌温度に包まれて保温されます👍

南の国など暑い所や、関東でも6月頃からウェットスーツで潜る事が多いです★

水温でいうと大体22℃以上になってきたらウェットスーツを着始める方が多くなってきます!

 

【ドライスーツとは】

ドライスーツを持った女性

ダイビングをしていないと馴染みのないこちらのスーツがドライスーツです👚

このスーツはなんと!!スーツ内に水が浸入しないのでインナーに洋服を着て潜ります😳

海の中に入るのに洋服???と思われる方もいると思いますが、ジャージなど動きやすい服の上からスーツを着るんです♬

 

ドライスーツは水が浸入しない代わりに中に空気を入れる事が出来るので、その空気によって保温される仕組み!

このスーツがあるおかげで、ダイビングは寒い冬でも問題なく潜れる遊びになってるんです✨

関東の海では10月頃~6月頃まで着るので、意外や意外にもウェットスーツより着てる期間が長いんですよ😳

 

ダイビング後はスーツの上からシャワーを浴びて、脱いだらそのまま帰れるドライスーツは

ズボラな私にとって最強スーツとなってます( ̄ー ̄)ニヤリ

 

◆サーフィンのスーツじゃ潜れないの??

これもサーフィンしてる方からよく聞かれる質問👀

結論➡使えない事はないけど、オススメはしない!!

 

同じマリンスポーツでもサーフィンとダイビングで違う点は

 

サーフィンパドリングなど激しい動きをする水面の遊び

ダイビング基本手は使わずゆったりと泳ぐ水中での遊び

 

サーフィンは動きやすい様に作られ、スーツ自体も水圧に対する耐久性がないんです💦

潜る事は出来ますがどんどん水圧によってスーツがへたってくるし、保温性も欠けてきます💦

なので水圧も保温もダイビング向けに考慮されたダイビング専用スーツで潜るのがベストなのです☝

 

◆ダイビングスーツの選び方

ダイビングスーツはもちろんレンタルもありますが、ダイビングをするなら絶対と言っていいほどMyスーツがオススメです!!

自分のサイズピッタリに作られたスーツは保温性も機能もデザインもレンタルとは比べ物にもならない!!

ではMyスーツを購入する際どのように決めたらいいのでしょう👀??

 

【ウェットスーツの選び方】

①保温性の良い生地

➡スーツの生地によって水はけの良いものと悪いものがあります!

また肌にあたる裏生地は暖かい裏起毛を使った生地がオススメ!!

水の侵入があるウェットスーツは保温力高いものを選んだ方が長く使えます!

ウェットスーツの裏起毛

このオレンジの生地が裏起毛です☝

 

②着脱しやすさ

➡これはサイズピッタリなだけあって、着脱がしにくいのがウェットスーツ💦

そんな時は腕と足にロングファスナーが付いているものがオススメです!!!

スルっと着脱できて、ファスナーを閉めれば自分サイズピッタリ♬

ウェットスーツのロングファスナー

 

③デザイン

➡こればかりは好みですね(笑)

私は見た目からテンション上げていきたいタイプなので、花柄を入れてガーリーに仕上げました✨

自分だけのイニシャルやマークなども入れて、唯一無二のスーツに仕上げちゃいましょう☝

ウェットスーツを持った3人の女性

 

【ドライスーツの選び方】

①保温性の良い生地

➡これはウェットスーツと同じく裏起毛を使ったスーツが断然おすすめ!!

特にドライスーツは秋や冬など水温が下がるシーズンに着るので暖かいに越したことありません!!!

また外生地には水はけの良い生地を使うと更に保温力はアップします✨

ダイバー仲間

 

②排気のしやすさ

➡これはスーツ内に空気が入るドライスーツならではの機能!

ドライスーツは水深が浅くなる事によってスーツ内の空気が膨張するので

丁度いい浮力を保つためにも余分な空気は排気しなければいけません!

その時、写真にある左手首に排気バルブがあれば、排気もしやすくラクチン♬

ドライスーツ

ダイビングした事ないと想像しずらいかもですがこの機能、めちゃくちゃ重要なんです・・・!!

 

③デザイン

➡こちらもお好みです(笑)

私は着る期間の長いドライスーツはブラックベースのクールな感じで仕上げました( ̄ー ̄)ニヤリ

スーツは1度購入すると中々買い替えがないので、長く使いやすいカラーにする良し!自分だけのオリジナル性を出した派手なスーツにするも良し!

ダイバー仲間の集合写真

自分だけのスーツに仕上げちゃいましょ~✨

 

◆ダイビングスーツを選ぶのに1番重要なポイント

それはズバリ!自分のサイズに合ったスーツを身に着ける事!!!

 

サイズが合っていない事で保温力は低下するし、水が浸入しないドライスーツも水没して寒さが増してしまいます💦

暖かくストレスのないスーツ=自分のサイズにフィットしたスーツ!

スーツ採寸

サイズを測ってオーダーメイドで作るスーツが1番なのです!!

 

◆これからのシーズンはドライスーツ!!

もう夏が過ぎ去ろうとしている今の季節。

まだウェットスーツで潜っている方もいますが、少しづつドライスーツへ衣替えしている方も👚

身体が濡れない事で疲れにくくもなるドライスーツで今シーズン海へ潜りに行きませんか✨??

 

そろそろドライスーツの購入しようか迷われてる方、これからダイビングを始めようと思っている方は是非レーブのスタッフまでお声かけください♪

今年の秋~冬は快適に海の世界へ潜りに行きましょ~🌊✨

フリー浮上

CAMPAIGN

毎月10名様限定「ライセンス取得キャンペーン」

SPECIAL OFFER

¥34,750

残り

9

名様