レーブ渋谷

NEWS

ダイビングニュース

TOPICS THAT IS IMPORTANT TO YOU.

NEWS "BLOG"

ダイビングライセンスを取得する際に知っておきたい!海外ダイビングのメリット、デメリット!

こんにちは!

レーブのらぶ味です(^^)/

ダイビングライセンスを取得したら国内はもちろん海外でも潜ってみたいですよね♬

今回は海外でライセンスを取得するメリット、デメリットなどにご紹介していきます♪♪

 

海外でライセンスを取得するメリット・デメリット


セノーテでダイビング

海外には魅力的なダイビングポイントは多数存在しますが、ライセンス自体も取得できるのでしょうか??

答えはYES!!

ただ海外でライセンスを取得するメリット、デメリットがあるので紹介していきます!

 

メリット

・短期集中で取得できる

ダイビングのライセンスを取得するには学科講習や海洋講習など通常4~5日ほどかかります。

ただ海外で取得する場合のほとんどは、学科講習をオンラインで出来る所が多いんです^^

日本にいる時に自主学習を終えていれば、最短2日などで取得が可能なのでパッと手軽に取得したい方にはメリットになります!

 

・珍しい生き物に遭遇出来る事も

日本では中々見れない生き物などが講習中に見れることも!

大物だとクジラやナポレオンフィッシュなど珍しい生き物に出会える事もあるので

ワクワクしながら講習を受けられます!

 

・旅行がてら取得できる

海外旅行がてら取得できるのはメリット!

現地で観光やお買い物を満喫しながら取得出来ます!

旅行しつつライセンスも取得できるので一石二鳥です♬♬

 

デメリット

・英語での講習で理解出来ない事も・・・

基本海外のダイビング講習は英語で講習を受ける事になります💦

ダイビングは専門用語が多いので英語で受けた場合、全然理解しないまま海へ・・・という方も💦

陸とは環境が変わる分、しっかり理解していないと怖い思いをしてしまい事故にも繋がりかねないので注意が必要です💦

 

・費用は高くなる

海外という事は飛行機代や宿泊代などの費用が掛かってくるので

日本で取得するより費用が高くなります💦

旅行がてら手軽に取得できるのはメリットですが、費用も抑えたいとなると日本で取得するのがオススメです!

 

・通常の旅行より余裕持ったスケジュールが必要

ダイビングを潜った後は基本的に24時間飛行機に乗る事が出来ません💦

その為、通常の旅行より旅行の日程に余裕がないとライセンスを取得するだけで旅行が終ってしまいます💦

余裕持ったスケジュールが組めない場合は日本で取得するのがベターです!

 

・日本に戻ってきた後、潜れる環境がなくペーパーダイバーになりがち

基本的にダイバーはライセンス取得したショップのツアーに参加しながらスキルや知識を身に着けていきますが

海外で取得したダイバーは日本に帰ってきた後に潜る環境が準備されてません💦

気付いたら数年潜っていないかった・・・なんて方もいらっしゃいます!

ダイビングはライセンス取得してからがスタート!

ダイビングを続けて楽しんでいきたい方は取得した後にも潜る環境を提供してくれる通いやすいショップで取得するのがオススメです。

 

海外で取得する際に気になるポイント


 

日数は何日くらいかかる??

必要な日数はどこまでのランクを取得するかによって異なります!

例えば初級ライセンス(オーシャンダイバー)は通常2~3日必要です。

その中で学科や海洋実習を店舗でする場合もあれば

教材が送られてきたり、eラーニングで事前に自主学習をしているところもあります!

また中級ライセンス(スポーツダイバー)まで取得の場合は更に2日程度かかります!

 

また海外で取得されるほとんどの方が旅行がてらのライセンス取得になるかと思いますので

観光など含めると時間に余裕を持ったスケジュールでの受講をオススメします!

 

金額安いのは日本?海外?

ライセンス取得にかかる金額は同じ国でもショップによって異なってきますが

物価の安いアジア圏の国などは日本国内で取得するのとそこまで大きくは変わりません!

ただ旅費や交通費等を考えると、日本の普段から通いやすい場所で取得した方が安いですよ👍

 

日本人が海外でライセンス取得するならどこがいい?


ウミガメ

費用などを考えると住んでる国からあまり遠くない方が取得しやすいでしょう^^

 

フィリピン

日本から約4時間半のセブ島🏝1年通して常夏を味わえるリゾート地♪

フィリピンは物価も安く日本からも比較的近いのでサクっと観光がてら取得される方が多いです🥽

 

グアム

日本から約3時間半で距離も近く、温暖な気候で海況も比較的安定してる事が多いです☀

また比較的水深の浅いポイントもあるので講習をするにはピッタリ。

フィリピンに比べると物価は若干上がりますがライセンス取得の金額自体は日本とそこまで変わりません!

 

ライセンス取得する際の知っておきたい大事なポイント


世界共通のスポーツであるスクーバダイビングは国内でも海外でも取得が可能です!

ただライセンスを取得するという事は自立したダイバーにならないと事故を招きます💦

という事で、ライセンスを取得する前にお伝えしておきたい大事なポイントを紹介していきます!

 

・学科講習でしっかり知識を身に着ける!

インストラクターと講習生

ダイビングは水中に遊びに行く分リスクは付き物です!

水中でのトラブル対処を自分で出来なかったり、水深や時間など基本的な自己の安全管理が出来ないダイバーは

事故にあうリスクも高まります💦

その為、学科講習は自主学習よりその場でわからない事など確認できる対面での学科講習が安心です!

学科はしっかりと受けてダイビングに関する知識は潜る前にばっちり身に着けましょう!!

 

・通いやすいショップを選ぼう!!

ダイビングショップ

学科を通って受けるとなると、通いやすい場所にショップがあるのが1番!

またライセンス取得後せっかく身に着けた知識や技術も、潜りに行く間が空いてしまえば忘れてしまいます💦

ダイビングライセンスを取得したばかりの時は、あまり間を空けずに潜りに行くのがベスト!

理想は1ヵ月~2ヵ月に1回のペースです!

結果的にライセンス取得してから全然潜っていないとなるとペーパーダイバーになるので

正直海外でサクッと取得するのも選択肢にありますが、しっかり取得後も潜れるように

通いやすい所で取得するのがオススメです!

 

・色んなダイビングツアーを開催しているショップの方が続けやすい!

ファンダイビング

ライセンス取得後はツアーに参加して潜りに行きますが色んなポイントのツアーを開催しているショップは

ダイビングの飽きも来ないし楽しみながら続けられます😊

またレベルに合わせたツアー展開をしている所の方が

レベルが一緒のダイバーと気兼ねなく潜れるのでオススメ👍

レーブでは経験本数によって行けるツアーが変わってくるので、自分のスキルに合わせたツアーのご参加が可能です!

もし自分のスキルに不安があってどこの海に行けるか分からない方はお気軽にスタッフへご相談下さい♪

 

海外でも潜れるライセンスの種類


ダイビングライセンス

ダイビングのライセンスは1度取得すると更新が必要なく

健康であれば何歳であろうが使えるのがメリット💳

ライセンスの種類については【Cカードはランク?種類?どういう意味??】のブログをご覧ください♪

 

そしてライセンスカードは長く使える分、海外でも使えるライセンスを取得しておきたいですよね!

ではそもそもライセンスとはどこから発行されているんでしょう??

 

ダイビングライセンスを発行する指導団体とは

ダイビングライセンスを取得する際にダイビングショップで講習を受けますよね!

ただライセンスカード自体を発行しているのはダイビングショップではなく

提携している指導団体の監修の元インストラクターはダイバーへ講習を行い

ダイビングライセンスの申請を指導団体に提出してライセンスカードを発行しているんです💳

 

アメリカやフランス、イギリス、日本など色んな国から発祥されている指導団体は世界に200団体ほどがあると言われています。

沢山の指導団体がある中で実績のある団体のライセンスカードは各国で使用できますが、中には海外に持っていった際に使いえない団体のカードもあるので

国内外で使用できる代表的な指導団体をご紹介していきます!

 

海外でも使用できる指導団体

・BSAC…イギリス発祥の歴史ある指導団体。【安全が全てに渡って優先される】という基本理念をもと講習を行い自立したダイバーの育成を行っています。

・PADI…アメリカ発祥の指導団体で『世界中のより多くの人たちに教えることによって、その素晴らしさと楽しさを知ってもらう』事を使命とした、日本のみならず世界的にも代表的な指導団体です。

・NAUI…アメリカ発祥の指導団体で、個人個人に合わせた指導と講習を行うという方針の元、カリキュラムを構成しダイバーを育成しています。

・SSI…アメリカ発祥の指導団体で、『誰もが安全にダイビングを学べるようにする』という方針の元、ダイバーを育成しています。

 

レーブはBSACに加盟しており、自分の事は自分で出来る自立したダイバーの育成に力を入れてカリキュラムを組んで講習を行っております!

 

レーブでライセンスを取得するメリット


ダイバーの集合写真

ダイビングショップであれば基本的にどこでもライセンスは取得できますが

取得する際は自分に合ったショップで取得する事をオススメしてます👍

ここでは色んなダイビングショップがある中で、レーブで取得するメリットをご紹介させて頂きます♪

 

国内、海外でも潜れるBSACのライセンスカードが取得できる!

先ほどご紹介させて頂いた通り、BSACは国外でも通用する指導団体です💳

ライセンス取得後オーストラリアやドバイなど国外に旅行行った際にも使えるので安心です♬

 

渋谷という立地で通いやすい!

レーブは大都会渋谷という立地にショップを構えています🏠

色んな線が通っていて乗り換えなど便利な分、仕事終わりに寄って講習を受けれるので

中々まとまった休みが取れなかったりする忙しい方でも仕事帰りなどに受けれる分ライセンスが取得しやすくなっています♪

 

学科講習は基本マンツーマン!海洋実習も少人数制でしっかり学べる!!

ライセンスを取得する際に必要な学科講習や海洋実習!

ショップによってはe-ラーニングなどで学科講習を行っていない所もございますが

レーブではしっかり知識を身に着けてほしいので基本的にマンツーマンで学科講習をおこなっています^^

分からない事があれば聞きやすい状態で海に潜る前に不安など解消して潜る事が出来ます♪

また海洋講習も1人1人しっかり講習が受けられるように少人数制でおこなっています!

不安な事があれば気軽にインストラクターまでご相談下さい^^

 

日帰りからお泊りツアーまで色んなツアーを開催している!!

ライセンスは取得した後からがスタート!

取得後もダイビングを楽しんでいただけるように伊豆や千葉など日帰りで行けるツアーから

1泊2日~3泊4日などのお泊りツアーも随時開催しております✨

レベルを少しづつ上げてダイバー仲間と色んな海の世界へ旅しに行きましょう♪♪♪

 

ダイバー仲間が出来やすい!

レーブではダイバーの交流会と称して飲み会や鍋パーティ、運動会などなど毎月様々なイベントを開催しているので

1人で始めた方でも気付いたらダイビング仲間が出来てます♪

顔見知りやダイビング仲間ができるとツアーなどにも行きやすくなるので是非お気軽にご参加ください♪♪

 

ダイビングライセンスを取得するならレーブで始めてみませんか♪??


海外でライセンスを取得するメリットやデメリットを上げさせてもらいましたが

総合的にお伝えできるのはやっぱり通いやすく続けやすいショップで取得するのが1番♬

もしライセンスの取得をご検討でしたらレーブで取得してみませんか^^??

レーブで無料説明会を随時開催しております✨

是非気になる方はお気軽にお問合せ下さいませ♬

 

ハイビスカスと青空

CAMPAIGN

毎月10名様限定「ライセンス取得キャンペーン」

SPECIAL OFFER

¥29,800

残り

2

名様