レーブ渋谷

NEWS

ダイビングニュース

TOPICS THAT IS IMPORTANT TO YOU.

NEWS "BLOG"

ダイビング好き必見、夏はここ。伊豆の海の見どころ

みなさんこんにちは!渋谷店のアッコです♪

本日は夏の海の見どころを紹介いたします!

伊豆の都心から行きやすい海のご紹介をしていきたいと思います!

 

夏の海とウミガメ

 

東伊豆

熱海から下田までに伊豆急行などが走っており、電車でも行きやすい東伊豆の海をご紹介します!

電車で行きやすい分、渋滞にも巻き込まれることなく行けるオススメ地区✨

 

伊東・・・五島根

夏だけ!5月中旬から9月中旬の4ヶ月だけの期間限定ポイントとなります!

期間限定という事もあり、人の出入りが少ない分、美しいソフトコーラルが広がっています。

赤、ピンク、オレンジ、緑と色鮮やかなのが特徴です。

伊東に数あるポイントの中でも五島根は一番外洋に位置しており、潮当たりが良く、回遊魚や大物が多く見られます。

キンギョハナダイの群れや魚影も濃く、ワイドからマクロまで楽しめます。

ポイントとしては五島根北、五島根中、五島根南に分類され、ダイナミックな地形になっています。

 

富戸・・・ヨコバマ

富戸の海のメインポイントとなるビーチの「ヨコバマ」が夏場は特にお勧めです!

ここ数年はソラスズメダイが多く、浅場は鮮やかな青に彩られカラフルになります。

さらに夏は黒潮に乗って運ばれてくる南方の生物、季節来遊魚が多く訪れてくれるので沖縄の海に負けない水中景観を楽しめます。

富戸名物の富戸ホールも潮が満ちていてお天気の時には最高の写真スポットになること間違いなしです!

カエルアンコウ、フリソデエビ、サカタザメ、カスザメ、ネコザメなど目撃情報多発しております✨

 

富戸のネコザメ

 

南伊豆

南伊豆は外洋に面していて潮通りが良いため、一年を通して透明度が高い事が特徴です。

また黒潮の流れに近いため、回遊魚の群れなども楽しめます。

特にドリフトダイビングが主流で中木や神子元島は上級者に人気のポイントとなります。

 

神子元・・・ハンマーリバー

伊豆半島ほぼ南端の沖合にある無人島が神子元です。

ダイビングの際ボートダイビングとなり。完全なドリフトスタイルで潜るため、上級者向けのポイントです。

ハンマーヘッドシャーク、巨大な回遊魚の群れを見ることができるポイントで

多い時には100尾を超す群れが頭上をいっせいに泳いでいく光景を目の当たりにできます。

7~10月がベストシーズンとなるため夏にもってこいのポイントです!

また、トビエイやウミガメなども高い割合で遭遇できると言われています。

過去にはマンボウやイルカ、ジンベエザメやクジラの目撃情報もあるため、

かなりポテンシャルが高い海になってます✨

 

ハンマーヘッドシャーク

 

中木・・・塔島、ハヤマ

中木は神子元をのぞき、伊豆半島最南端のポイントです。

ハヤマは強い流れも年間を通してほとんどなく、比較的水深も浅いポイントとなるため潜りやすいのが特徴です。

マクロ生物が多く、特に季節回遊魚は種類数ともに豊富です!

塔島は時に流れが強くなるため中上級者向けになります。

ソフトコーラル、ハードコーラル、水路などダイナミックな地形が楽しめ、

大物が多くカメ、トビエイ、時にはハンマーヘッドシャークやマンボウも見ることができます!

沖合いにしかいない生物、群れが多いのが特徴です!

 

西伊豆

西伊豆は海況が安定していることが多く、年間を通して潜りやすいです。

地形ポイントも数多くあり、地形はダイバーにはもってこいの海です✨

 

雲見・・・牛着岩

西伊豆で一番と言われる地形ポイントとなります。

特に牛着岩という巨大な岩が特徴的で複雑な地形を作り出しています。

複雑に重なった岩が不思議な地形となっています。人間が1人通れるような細いトンネルや、真っ暗な洞窟、

ライトだけを頼りに進む探検家のような雰囲気が探求心をくすぐられます!

クロホシイシモチやネンブツダイなどが群れており、太陽光の強い夏には洞窟に降り注ぐ光が魚も輝かせ、

より一層幻想的な世界を作ってくれます。

回遊魚などの大きい生物もいれば、カエルアンコウやウミウシなど色鮮やかな個体も多く見ることができます✨

 

田子・・・浮島根、田子島

伊豆半島NO1のハードコーラルが広がっています。

ソフトコーラルだけでなく、ハードコーラルも見れるのは田子ならではです!

浮島根はキンギョハナダイの群れを通年見ることが出来ますが、夏の時期は一気に数が増える為一面キンギョハナダイに覆われた

オレンジ一面の景色を見ることができます!

上級者向けの深場ではサクラダイの群れもとても迫力があります。

田子島は5/15~9/15までの期間限定ポイントとなっており、水深も浅瀬から30メートル付近まであり、比較的ビギナーから楽しむことが可能です。

見どころとしては、ソフトコーラルお花畑に大型回遊魚など運が良ければウミガメやハンマーヘッドなどが現れることもあります!

 

田子のキンギョハナダイ

 

伊豆の魅力

伊豆は今回紹介したポイント以外にも数多くのポイントが存在しています!

日本特有の四季折々、姿を変えて楽しませてくれるポイントばかりです。

東京や神奈川などの関東県内からもアクセスが良く車でも行きやすい、

近場の沖縄といってもよいくらいソフトコーラルや澄んだ水が特徴的です。

まだ行ったことのない伊豆のポイント、夏はまだ行ってないなと思うポイントがありましたら是非足を運んでみてください!

CAMPAIGN

毎月10名様限定「ライセンス取得キャンペーン」

SPECIAL OFFER

¥19,800

残り

5

名様