ダイビングライセンスを取得するならレーブ渋谷店

NEWS

ニュース

TOPICS THAT IS IMPORTANT TO YOU.

NEWS "BLOG"

ダイビングに感染のリスクってあるの??👀

今やどんな場所でも『密』という言葉が

飛び交うようになりましたが、皆さんは3密予防してますか?!?!

密閉、密集、密接。

主にこの3つが上げられますが、

今まで何気なく話をしていたりとか

特になにも意識していなかったりした事が意外に

密になってしまうんですよね( ゚Д゚)

 

ところで海の中、いわゆる水中ですが、

感染のリスクがあるのかどうか気になりません??( ゚Д゚)

ダイビングでは感染の事例はないことから

なんで??ってなる僕の悪い癖なんですが、

皆さんも一緒に考えてみましょう🤔

 

まず水中は飛沫というのが存在しません。

なぜかというとそもそも空気が存在しないので

吐いた泡は水面に上がっていきます✨

どれだけ近くで泡を出してもキレイに水面めがけて

一直線です😎

だからといって話ができるかというと

そもそも喋れないんですけどね。(笑)

次に消毒の件。

海の中を泳ぐダイバーは基本素手ではありません(^^)

水中にずっといると人間の手はシワシワにふやけてしまうので

簡単に切れてしまったり、擦りむいてしまいます💦

その他にはトゲや毒を持っている子達もいるので

手を守る意味でグローブを装着します🧤

※素手の方はこの方みたいに海藻でかぶれます。(笑)

要するに、お店に入る度に消毒をするみたいに

何かを持つ度に消毒というのはもちろん必要ありません。

どんな場所でも触りたい放題です😎

 

次に3密の件。

ダイビングはアウトドアな遊びです⛺

そもそも外の遊びなので密閉の心配はご無用。

問題なのは密集、密接。

水中の活動はバディダイビングといって、

基本は相棒と手の届く範囲で行動します。

なんならチームも密集して泳ぎます。

これは迷子を防ぐ意味もありますし、万が一の時に備える必要があるからです。

水中でソーシャルディスタンスを取りすぎると

むしろ目立ってしまったり。(笑)

実は密じゃないといけない水中なんです★

 

全部まとめると…

飛沫がないという事は、咳やくしゃみも心配ない。

直接手を触れるものもないし、共有するのは

海っていう広い場所のみ。

密とはいっても地上とはまるで違う世界。

意外と感染リスクが少ない水中なわけです✨

 

こうしてみると、

海の中は真逆の世界。

飛沫も菌もない世界。

そんな海は実は地上よりも安全だったりして…

海に何回も潜っているとこんな余計なことも考えてしまいます。(笑)

レーブ渋谷では地上も海も引き続き予防をして参ります✨

今からダイビングを始める方もお気軽にお問合せくださいね('◇')ゞ

詳しくはコチラまで☞ダイビングデビュー

CAMPAIGN

毎月10名様限定「ライセンス取得キャンペーン」

SPECIAL OFFER

¥19,800

残り

8

名様